尺調整(しゃくちょうせい)

アクセスカウンタ

zoom RSS 散歩と発想

<<   作成日時 : 2011/05/14 10:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

英文学者の外山滋比古さん。昨日新聞に興味深いインタビュー記事が掲載されていました。外山さんのユニークな発想の源。それは散歩にあるのだそうです。朝、ご自宅から地下鉄で大手町まで行き、そこで皇居をぐるりと回って帰宅。2時間半ほどかけるそうです。歩き始めると、最初の30分くらいは色々と生活上の細々したことが頭に浮かぶそうですが、やがて、頭の中の濁りが消えて…。(朝日新聞2011年5月13日夕刊)

これ、外山さんに限った話ではなく、古くは哲学者のカントも散歩好きで、豊かな発想は散歩からもたらされているという話がありました。

管理人も実は同じような事を主張しています。

管理人、外山さんのような素晴らしい頭脳は持ち合わせませんが、数年前ダイエットを始め、職場までの電車を途中で降りて歩くようにしました。1時間ほど、毎朝歩いた時期がありました。

その頃、面白いことに気付いたのです。最初は外山さんのおっしゃるように、日常の色々な細かい事が頭をよぎります。が、やがて20分から30分過ぎた頃から、急にギアが変わったかのように思考の質が変わるのです。

・ポジティブな思考が増える。
・発想が豊かで深くなる。
・至福感が生じる。

そう、歩くという行為。しかも、それが長時間に及ぶと、人間の脳は生理的になにかしらの反応をするようなのです。それが、古来から人間の知恵として、多くの人を散歩に駆り立てているのかもしれません。

と、まぁ、こうしてみると、なんと瞑想と似ているじゃないですか。それはともかく、散歩の最中に仕事のアイディアが浮かんだことも何度か。それも、みな重要なアイディアでした。中には、後になって考えると人生を変えた!と思われる発想もありました。

ぜひ、みなさんも騙されたと思って30分以上歩いてみませんか?今はちょうど散歩に良い季節です。

ちなみに管理人のダイエット、カロリー制限と合わせ、見事に1年で10キロ痩せることが出来ました。


お散歩ブック (角川文庫)
角川書店
杉浦 さやか
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by お散歩ブック (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
散歩と発想 尺調整(しゃくちょうせい)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる